読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生きた細菌にデータを記録!?

IT memo

生きた細菌にデータを記録=容量FD並み、数千年保存も−慶応大

 慶応大先端生命科学研究所(山形県鶴岡市)などは20日、納豆菌の仲間の枯草(こそう)菌を使い、DNA(デオキシリボ核酸)にデジタルデータを保存する技術を開発したと発表した。記録されたデータは何世代にもわたって複製されるため、数千年間の保存も可能で、記録容量も約2メガ(百万)ビットと、一昔前のフロッピーディスク(FD)並みになるという。

これすごくないか!??!!?
攻殻みたいな世界が現実になりつつあるねぇ・・・こういうのが普通になってくるとPCも生体機器みたいになってくるんかな。そうなったときのIT業界ってどうなるんだろう。夢は膨らむけど、どこまでそういった技術を追求していいものかってのも難しいところだなぁ。